« 2005年06月 | メイン | 2005年08月 »

2005年07月29日

東京と名古屋はウナギも違う


昨日は土用の丑の日だったので、我が家でも平賀源内の策略に乗って晩御飯はうなぎにした。
東京にいた時はスーパーでうなぎの蒲焼きを売っているのは土用の前後くらいしか見た事がないんだけれど、こっちに来たら1年中、普通のスーパーで売っていてビックリした。
まあ、東京では独身だったから見逃してただけかもしれないけども。
でも、それより何よりビックリしたのは、頭付きの蒲焼きが売られている事!

unagi2.JPG
こーんな感じで、ちんまりと頭がちゃんと付いてるんだなー。

いいんだけどさ、どーしろと言うんだ~って思う。
でも、これって食べる人がいるから付いてるんだよね? まあ、エビの頭だって食べる人がいるんだからウナギだってカリカリに焼けば食べられるんだろうけど、うーん、私はいらないなぁ。
だから、我が家では切って捨ててしまうんだけどね。
そうそう、驚きはしなかったけど東京と名古屋では形も違うんだな。
東京は1度蒸すから、1/3くらいに短く切って焼いてあるけど、名古屋では蒸す行程がないから長いまま焼いて、長いまま売ってるんだ。だから、スーパーの袋からはみ出ちゃうんだよ~。

何にしても、今年も丑の日にうなぎを食べる事が出来て、めでたし、めでたしだなー。
でも、ひつまぶしを食べに行きたい、贅沢な私なのでした。

2005年07月23日

多分我が家だけの夏の定番


我が家、と言っても今の我が家じゃなくて、私が子供の頃の実家の話。
夏になると出てくる飲み物とデザートがあったんだな。
それは、「砂糖入りの麦茶」と「砂糖をかけた角切りトマト」。

いやー、ほとんどの人には「何じゃそりゃ?」「気持ち悪い」って言われそうなものなんだけど、私は毎年ふつーに食べたり飲んだりしてたし、やってみると結構美味しいもんなんだよなー。
麦茶の方は砂糖を入れるだけだけど、子供向けのやさしい紅茶っていう感じだし、トマトもよく冷やして角切りにして砂糖をかけてよく混ぜて食べると、果物みたいで美味。
でも、このメニューは多分、ビンボーだった我が家ではそれほどジュース類や果物を買えないから、お母ちゃんが子供の為に何とか工夫してくれたモノなんだ。(トマトも麦茶も安かった)
親ってありがたいなー、と思うし感謝もしてるんだけど、今考えると結構ヘルシーでいいかも。
久しぶりにやってみるかな。

2005年07月21日

さすが愛知 ソフトクリームも味噌だがや


先日、新しく出来た刈谷ハイウェイオアシスというところに行ったんだな。
ハイウェイオアシスというのは一般道路からも入れるサービスエリアで、公園が併設されていたりして面白い(ここには犬のトイレなんていう場所もあった)んだけど、SAと言えば当然、軽食というかスナックも置いてあるわけで、大好きなソフトクリームもやっぱりあった。
で、そこにはためいていたノボリに書いてあったのが「八丁味噌ソフト」
やったー!さすが愛知だ、ソフトクリームにまで味噌が入ってるよ~。
そして当然購入。 こんな感じ。

misosoft.jpg

曇ってたせいもあって写真ではよくわからないけど、ほんの少し茶色がかった感じ。
見た目だけだと味噌が入ってるようには見えないかな。
食べてみると、バニラの中に何となく香ばしい香りが・・・。
味噌というか、ちょっと醤油っぽい気もしないではない。 まあ、どっちも大豆が原料だしね。
正直言って、「美味しい」  ゲテモノだと思って食べたら失望すると思う。(おいおい)
でもこれって、八丁味噌だからいいのかもしれないな。
赤みそって、みそかつのタレとか田楽のタレとか、結構甘くして食べて美味しいものだから。
刈谷ハイウェイオアシスには無料で使える豪華なトイレがあったりして面白いから、また行きたいと思ってるし、行ったらまたこのソフト、食べるかもしんない。

2005年07月01日

国産の生パイナップル


毎年秋に紅玉を買っている通販の八百屋さんから、生パイナップルを買ってみた。
完熟のピーチパインとスナックパインの詰め合わせで
pine2.JPG
こんな感じで箱に詰まってやってきた。(空いてる部分はスナックパインがはいってた)
もう開ける前からパインの香りが・・・素敵だ。

どっちもかなり美味しかったんだけど、今回はちょっと珍しいスナックパインの紹介をしてみようかな。
パイナップルって剥くのが結構難しいし、分厚く剥かなきゃならないのがもったいなくて悲しいんだけども、スナックパインは手でちぎれるから皮を剥かなくていいんだな。
半分に切るだけで食卓に出して、後は自分でちぎりながら食べる。
pine1.JPG
こんな感じにかわいくちぎれるんだけど、結構、力とコツがいるんだよね。
正直言って、食べられる部分はそんなに多くない。
皮の近くは普通のパインと同じでトゲがあるから、気をつけて食べないと舌が痛いし・・・。

でも、とにかく完熟っていうだけあってかなり甘いし、果汁もたっぷりでおいし~。
普通は捨てる芯の部分まで食べてしまえるくらい甘くてやわらかかった。
輸入パインの倍以上の値段だけど、年に1回くらいはこんな贅沢してもいいかもなー。

現在のアーカイブ

2005年07月

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37